ネイルケアで高齢女性明るく 心華やぎ、積極性も

吉備国際大保健医療福祉学部の佐藤三矢准教授(介護予防)らが2012年、老人保健施設に入所している認知症の女性を、2週間に1回の頻度で爪に色を塗るグループ(16人)と何も塗らないグループ(17人)に分け、3カ月間調査した。その結果、塗ったグループは集団体操参加への積極性や意欲が大きく向上。食事時に ...

続きを読む

岡山県内介護施設職員が技術競う エスペランスわけが総合優勝

岡山県内の介護施設職員が技術を競う「おかやま介護グランプリ」(県介護福祉士会主催)が18日、岡山市内であり、老人保健施設・エスペランスわけ(和気町)が総合優勝した。人手不足 ... 出場者は介護する相手と同じ目線になるよう腰をかがめ、車いすの乗り降りやパジャマの着用、ベッドから便座への移動などをサポート。

続きを読む

事業内容

うえろくの事業内容ページです。福祉用具、介護、薬局などの6つの事業を紹介します。医療・介護の分野にとどまらず、結婚相談業や生活総合支援事業なども手がけています。今後もみなさまの生活を支え、豊かにするお手伝いをしていきます。

続きを読む

採用情報

採用情報ページです。「働きたい会社NO.1」をビジョンに据えている当社。うえろくとともに環境を整えており、キャリアアップの面では早期での役職就任も可能です。福祉用具・リフォーム事業、調剤薬局事業、居宅介護事業、訪問介護事業、結婚相談業、生活総合支援事業それぞれで募集しています。

続きを読む

AIで介護ロボ連携 南相馬で実証テスト、職員の業務軽減

ロボットの開発・製造に取り組む南相馬市のベンチャー企業「SOCIAL ROBOTICS(ソーシャルロボティクス)」などは18日までに、同市の特別養護老人ホーム「福寿園」で、介護ロボットの実証テストを公開し、複数のロボットによる介護職員の間接業務の負担軽減効果を示した 。 実証テストは、県の「地域復興実用化開発等 ...

続きを読む

成田「勉強になった」=スノボ障がい者選手権

スノーボードクロス男子下肢障害その他を制した成田。前日の予選で軟らかな雪に苦しんだ反省を生かし、スピードに乗ってターンに入る難所で意識的に大回りした。旗門近くのルートは雪がたまりやすく、板を取られやすいと考えたそうで、「勉強になった。すごく楽しみながら大会を終えられた」と満足そうに振り返った。

続きを読む

北九州市予算/下 子育て・介護 待機児童対策に腐心 /福岡

介護予防として、要介護には至っていない人を対象にしたサービス「短期集中予防型」が市内で新たに始まる。3カ月間、週1回の運動の専門プログラムに通って身体の衰えを防ぎながら、外出の楽しさを感じてもらうのが目的で、10カ所程度の開催を予定している。介護保険特別会計に関連サービス事業と合わせて28億8100 ...

続きを読む